日本獣医生命科学大学 後援会

MENU

活動報告・案内

後援会の活動報告やご案内、企画など

医獣祭が開催されました

医獣祭が開催されました

11月初旬、3年振りとなる医獣祭が開催されました。

新型コロナ感染症の感染防止対策のため、医獣祭の中止は2年に及んでしまいましたが、できる限りの準備をしてこのイベントを迎えたようです。
後援会の保護者が撮影を担当いたしましたが、学生たちの輝く笑顔が印象的でした。

医獣祭実行委員長 脇口歩佑子(わきぐちふゆこ)さんから、医獣祭について寄稿していただきました。

—————————————————————————————————————–

こんにちは!

医獣祭実行委員長の脇口歩佑子(わきぐちふゆこ)です!

今年は新型コロナウイルスの影響により、在学生と大学内関係者に対象を絞り、11月4日(金)から6日(日)まで医獣祭が開催されました。

今年の医獣祭は3年振りの開催となりましたが、大きな問題もなく無事に終えることができました。

このように開催できたのは、後援会の皆様、大学、在学生、医獣祭に参加した団体と、多くのご協力のおかげです。 深く感謝申し上げます。

今年の医獣祭は、準備の際、多くの困難がありました。 まず、新型コロナウイルスが蔓延している状況のため、感染を広げないために感染予防対策を考える必要がありました。 また、3年振りに医獣祭を開催することもあり、分からないことが多い中で1から立て直していく必要がありました。 加えて、内部を対象に医獣祭を行うため、多くの参加者を集客できるか、医獣祭当日きちんと運営をできるか、多くの不安とプレッシャーがありました。 そのため、医獣祭実行委員の中で何度も話し合い、内容を摺合せ、企画書を修正することを繰り返すとともに、不安なことは共有し、1人でできないことは上手く分担し、医獣祭実行委員内で支え合いながら準備を進めて参りました。

予定通りに進まないことが多くありましたが、その都度臨機応変に対応し乗り越えていくことで、何とか開催まで運ぶことができました。

医獣祭実行委員の中で、今年の医獣祭の準備や運営に関し反省すべき点は多くありましたが、来年度に医獣祭を引き継いでいくために “まずはやることに意味がある” と考えておりました。 そのため、医獣祭を経験し、来年度の医獣祭をより良くしていく糧を得ることができたのは、開催形式がどのようなものであれ大きなことだと思っております。

また、今年は初めて医獣祭でYouTube配信を行い、それを見てくれる方がいたことや、医獣祭実行委員とともに在学生が楽しんでいる姿を見て、医獣祭を開催することができてとても良かったと心から思っております。

医獣祭開催にあたり御協力をして頂いた皆様に感謝をするとともに、より医獣祭を盛り上げていくために、医獣祭実行委員一同これからも頑張って参ります。

医獣祭実行委員長 脇口歩佑子

※ ギャラリーにて医獣祭の写真を公開中です

令和4年度医獣祭 2022年11月4日~6日(1)

令和4年度医獣祭 2022年11月4日~6日(2)

医獣祭が開催されました