日本獣医生命科学大学 後援会

MENU

後援会について

日本獣医生命科学大学 後援会のご紹介

ご挨拶

日本獣医生命科学大学後援会

 会 長  遠 藤 由 佳

後援会会員の皆さま

平素より、保護者等後援会会員の皆様には後援会へのご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございます。また、新会員の皆様には、ご子女のご入学を心よりお喜び申し上げますとともに、本会へのご入会を賜り、役員一同、御礼申し上げます。この度、後援会会長の任を拝命いたしました遠藤と申します。私は本学獣医学科を卒業し、ちょうど今年で30年を迎えます。息子が獣医師を目指して本学へお世話になることが決まった際、何か大学に恩返しができないものかと後援会に参加させていただき、今この場にいる次第です。かつての記憶が鮮明に思い出されますが、入学式のその日に今の学友会の一つ、馬術部に勧誘され、馬の背からの世界の見え方に魅了されて以来、仕事でも馬に携わっておりますことは不思議な縁を感じずにはいられません。

大学施設につきましては、増築・リニューアルにより以前グラウンドであった場所にはアリーナとE棟が建ち、学生食堂もカフェ風となり、また、一号棟(1909年に旧東京市麻布区役所庁舎として建設され現在地に移築)が有形文化財として登録されるなど、そして有名な建築家;ウィリアム・メレル・ヴォーリズが設計したヴォーリズ棟もいよいよその役目を終え、新たに建て替えられることとなりました。また、日本獣医生命科学大学の2学部4学科の学生に加え、今では日本医科大学の教養課程の学生たちも武蔵野キャンパスで学んでおり、学生の皆さんと校舎の風情が相まってキャンパスライフを謳歌していると我々の目に映ったのですがそれもつかの間、COVID-19によるパンデミックという未曾有の事態になることを誰が予測し得たでしょうか。

ご子女が学ぶ日獣大ですが、『動物と人、都市と地方をつなぐ大学として、人間愛と動物愛をもった生命科学人材を育成するとともに、大学の組織力とブランド力の向上、教育研究の質の向上と学生満足度の高い学生支援の実行、安全安心なキャンパスの整備、そしてコロナ禍における多様かつ、質の高い取組みを継続していく』としております。学生総数が少ない故でしょうか、先生方と学生との距離が非常に近い修学環境にあると感じます。

2年前・令和2年(2020)の学位記授与式[卒業式]および入学式は残念ながら中止の決定がなされましたが、昨年・令和3年(2021)の両式典は、新型コロナ感染症の予防対策を万全にし、式典を学部毎に2部制に、また時間も短くするなど、大学の教職員の皆様の工夫と努力により遂行されました。本年・令和4年(2022)につきましても、同様の方法にて両式典は無事実施され、保護者会員の皆様の参列は叶わなかったもののライブ配信により式の様子を窺い知ることができましたことは何よりでした。

さて、本後援会ですが、大学との連携を通して大学発展のための後援、学生生活における福利厚生の充実のための支援、保護者会員の皆様相互の親睦等を目的として平成2年(1990)4月に設立され、活動内容も時代とともに変遷していき、平成31年(2019)4月には『父母会』から『後援会』へと名称変更を行い、30年を越す歴史を会員の皆様と共に歩んで参りました。活動内容は、会報誌「むさしの」の年1回の発刊、平成27年度(2015)に開設したホームページを通して後援会の活動内容を中心に、大学行事や学生生活に係る情報発信するほか、本学付属施設である富士アニマルファームの見学会、著名な演者をお招きして開催する講演会、本学キャリア支援委員会および外部の採用コンサルタントによる保護者会員向けの就職活動説明会など、会員の皆さまの関心の高い事業の企画・運営を行っております。昨年は、コロナ禍のなかで、集合形式ではなくWebによる配信に切り替え、大学の先生方との懇談会、就職活動説明会、アニファ動画紹介など、先生方と後援会役員が一丸となり制作し、会員の皆さまにお届けいたしました。後援会参与の先生方や活動を共にする役員の皆さんは熱い気持ちを持ち参加されている方々ばかりなので、勉強になるのは勿論、いつも元気をいただきながら活動している次第です。

是非とも後援会ホームページをご覧いただき、また、今回LINEによる情報配信も始めましたのでご活用いただき、各種事業へのお申込み、また、お気軽にご意見をお寄せいただくなど、後援会への積極的なご参加をお待ちしております。後援会役員一同、会員の皆さまと大学を結ぶ架け橋となるよう活動してまいりますので、役員としてのご参画の検討も含め、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

後援会活動のご紹介

後援会は、大学の発展や学生福利厚生の増進、後援会会員相互の親睦等を図るために、主に次のような事業を行っています。

総会

年1回、後援会の決算・事業報告、および、予算・事業計画、役員の承認等決議を行っています。

懇談会

総会後、学長、学部長、学生部長、学科長等先生方をお迎えして、大学の現状、課題などについてお話しを伺っています。

懇親会

懇談会後、各学科学年担任の先生方も加わり、後援会会員相互および大学教職員の先生方と懇親を深める会を行っています。

地方懇談会

年1回、会場を代えて開催(過年度実績;大阪、福岡、仙台)。学長、担任等教職員の先生方をお迎えし、懇談会を実施、他個別面談、懇親会を併せて行っています。

記念品

新入生、卒業生、およびスチューデントドクターに対して、記念品を贈呈しています。
新入生には、例年大学ロゴマーク刺繍入りの白衣を贈呈し、実習等で活用されています。

援助

部・サークル活動を始めとして、日獣祭、体育祭、新入生歓迎会、卒業生謝恩会などへ援助を行っています。

賛助

学生の教育に優れた貢献のあった専任教員に授与される紫雲賞に、副賞を贈呈しています。

イベント企画事業

後援会会員、学生を対象に幅広いテーマで講演会を企画・開催し、また、会員の皆様向けに就職活動に関する説明会や、富士アニマルファーム見学会を開催しています。

日本獣医生命科学大学後援会会則

第1条(名称)

この会は、日本獣医生命科学大学後援会(以下「会」という。)と称する。

第2条(目的)

この会は、会員相互の親睦を深め、会員と大学との連絡を緊密にするとともに、学生生活の充実を図り、日本獣医生命科学大学(以下「大学」という。)の発展に寄与することを目的とする。

第3条(事業)

この会は、前条の目的を達成するために、次の各号に掲げる事業を行う。
  • (1) 大学発展のための援助に関すること。
  • (2) 大学その他との連絡懇談に関すること。
  • (3) 学生の福利厚生のための援助に関すること。
  • (4) 会報の発行及び情報の収集に関すること。
  • (5) その他必要なこと。

第4条(事務局)

この会の事務局は、東京都武蔵野市境南町1-7-1 日本獣医生命科学大学内に置く。

第5条(会員)

この会の会員は、大学に在籍する学生の保護者並びに保証人とする。
次の各号に掲げる者は、理事会の承認を経て特別会員とすることができる。
  • (1) 会の趣旨に賛同し入会を希望する者。
  • (2) かつてこの会の会員であった者。

第6条(資格の喪失)

会員は、学生が卒業または退学したとき資格を失う。

第7条(役員)

この会に、次の役員を置く。
  • (1) 会長1名
  • (2) 副会長2名
  • (3) 理事各学科若干名
  • (4) 監事若干名
  • (5) 顧問若干名
  • (6) 参与若干名

第8条(役員の選出)

役員は、次の各号に掲げる方法によって選出する。
  • (1) 会長は理事の互選による。
  • (2) 副会長は理事の互選による。
  • (3) 理事は総会において会員の中から選出する。
  • (4) 監事は総会において会員の中から選出する。
  • (5) 顧問、参与は理事会が大学と協議の上、会長が委嘱する。

第9条(役員の任期)

役員の任期は、1年とする。ただし、再任を妨げない。

第10条(役員の任務)

会長は会を統轄し、この会を代表し会議(理事会)の議長となる。
副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときは会長の職務を代行する。
理事は理事会を組織して次の事項を審議し執行する。
  1. (1) 事業計画、予算及び決算書の作成に関すること。
  2. (2) 会務執行に必要な細則設定に関すること。
  3. (3) その他会務執行に必要なこと。
監事は事務の遂行状況及び経理について監査する。
顧問、参与は大学との連絡にあたり、事務局と協力し、会務執行の円滑を図るとともに、理事会、総会に出席して意見を述べることができる。
理事の中に、次の係をおく。
  1. (1) 総務係
  2. (2) 会計係
  3. (3) 広報係
  4. (4) 企画係

第11条(特別委員会)

特定の業務処理のため、理事会の議決により特別委員会を設置し、運営にあたらせることができる。

第12条(会議)

会議は、次の各号に掲げるものとする。
  • (1) 総会
  • (2) 理事会

第13条(総会)

総会は、定期総会及び臨時総会とする。
定期総会は毎年1回、会長が招集する。
臨時総会は理事会が必要と認めたとき会長が招集する。
総会の議長は理事会において選出することができる。

第14条(理事会)

理事会は、会長が必要と認めたとき招集する。
理事の過半数の賛成をもって、理事会を開くことができる。

第15条(総会の議決)

次の各号に掲げる事項は、総会出席者の過半数の同意を得なければならない。
  • (1) 会務の報告に関すること。
  • (2) 事業計画、予算及び決算に関すること。
  • (3) 会則の変更に関すること。
  • (4) 理事及び監事の選出に関すること。
  • (5) その他理事会で必要と認めたこと。
会員は、書面、電磁的方法又は代理人(他の会員に限る。)によって議決権を行使することができる。また、これらの方法によって議決権を行使する者は、総会出席者とみなす。

第16条(会費)

会員は、会費として年額10,000円を納入する。
会費は入学時に修業年限分を一括納入する。
納入した会費は理由を問わず返還しない。

第17条(資産)

この会の資産は、次の各号に掲げるものとする。
  • (1) 会費
  • (2) 臨時会費
  • (3) 寄付金
  • (4) 財産及び備品
  • (5) その他の収入

第18条(経費)

この会の経費は、会費、寄付金及びその他の収入をもって支弁するものとする。

第19条(会計年度)

この会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

附則

この会則は平成2年4月11日から施行する。
本会則第16条の会費は平成2年度新入会員から適用する。

附則

平成4年4月11日  一部改正

附則

平成6年4月12日  一部改正

附則

平成7年4月11日  一部改正

附則

平成9年4月11日  一部改正

附則

平成13年4月13日 一部改正

附則

平成17年4月8日  一部改正

附則

平成28年11月6日 一部改正

附則

令和元年11月3日  一部改正

附則

令和3年10月20日 一部改正